サンフランシスコから帰国。住み慣れた日本で奮闘する日々を紹介しています。


by olivexolivejp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

魅惑のGUERLAIN

今回シカゴ出張で、どーしても買って帰りたかったのは(もちろん出張の目的は花の指導です。^^;)、GUERLAIN(ゲラン)のお化粧品。
お化粧品って、どうしてこうも私の心を擽るのでしょう・・・。
これまで良成分・好香料で好んで使っていた自然派化粧品も、使い続けて2年。そろそろ浮気心が出てきた今日この頃。
自然派化粧品って、本当にお肌によく、近年肌の調子もすこぶる快調。旦那ちゃんに言わせれば「いいじゃん。それで。」 

そう。それでいいのですが・・・。

それでも、なにか新しいものを使ってみたいと、いろいろと検索していく内に辿りついたのが、GUERLAIN。
もちろんお値段もそこそこ。日本の百貨店ではとてもじゃないけど、手がでない代物。
そんなとき、アメリカ出張を控えた私の脳裏に浮かんできたのは、うるわしの免税店!そうだ。免税店があるじゃないか!

日本出国後、成田の免税店でさっそくゲランコーナーへ。

安い!さすがは免税店!
日本百貨店の半額でなんでも揃っています。^^

しかし・・・・

今はテロにむけての特別警戒態勢中。アメリカ行きの飛行機機内への液体は一切持ち込み禁止。
ローションも、乳液も、リップグロスでさえ免税店で買うことができないのです。泣。
ぜんっぜん、意味無し!!
泣く泣く、手ぶらでアメリカへ・・・・

シカゴ出張最終日にダウンタンへ足を向けたのは、アメリカの百貨店巡りも目的のひとつ。
このままゲランを手にすることなく、日本に帰るわけには行きません・・・。日本では高すぎて、決して手にすることができないんですもの。
渡航前にいろいろと調べて、心はすっかりゲラン。このまま忘れることなんて、とてもできないっ(><)

アメリカの百貨店の化粧品は、実は免税店並に安いんです。
でも、ゲランは、フランス原産。どこまで安いんだろう・・・と半信半疑で目指すは、Neiman Marcus(ニーマン・マーカス)。 アメリカの超高級百貨店です。

ゲランコーナーでは、とても上品で、とてもいい香りのする母親くらいの年齢の素敵な美容部員さんが対応してくれました。名前はナタリーさん。


ナタリーさん:時間があるのなら、今のお化粧を落として、ローションから実際 顔につけていってあげるわよ。


と、私をイスに誘ってくれました。
そして新製品の、あの(!)「オーキデ アンペリアル フルイド」を試してあげるというのです。
オーキデ アンペリアル フルイドは、そのときまだ日本では未発売の多機能エイジングケア美容液。ヨーロッパ、アメリカで先行発売されたばかりでした。

もちろん、YES!


というわけで、さっそくイスに腰掛けて、シカゴでゲラン体験です。^^

つづきは明日。
[PR]
by olivexolivejp | 2006-09-17 18:47 | 日本の生活