サンフランシスコから帰国。住み慣れた日本で奮闘する日々を紹介しています。


by olivexolivejp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アメリカで豚の角煮に挑戦!

c0059191_9281555.jpgお友達のお家で頂いた「豚の角煮」がとっても美味しかったので、レシピを教えてもらって、さっそくお家でも作ってみることにしました。
お料理をする際、私にとって大きな関門となるのは、まず”買出し”です。
角煮に適した豚の腹身を、近くのスーパーのお肉売り場(の陳列棚)で見かけた覚えがありません。お友達に尋ねてみると、彼女は”Chainese Market(中国系のスーパーマーケット)”で購入したのだそうです。
なるほど。そこにならありそう!

Chainese Market のお肉売り場は、対面式となっているため、勇気を出して、オジサンに声をかけなくてはいけません。
私はこのお肉やお魚の対面式のお買い物が苦手で、いつも躊躇してしまうのです・・・。
アメリカでは、重さの単位も違いますし、お肉やお魚の名前も英語ではよく分かりません・・・。
自分で好きなのをゆっくり辞書を引きながら買い物できる、というワケにはいかないので、いつもハラハラ・どきどきなのです。

お友達から「豚ばら」の英単語をあらかじめ教えてもらいました。
”豚バラ”って、「pork belly(ポーク・ベリー)」というのだそうです。
「belly(ベリー)」はトルコ衣装を着て、腰を振って踊るダンスの、あの「ベリーダンス」の”Belly(ベリー)”なんですって。
なるほど。なるほど。

その発見が嬉しかったので、帰って旦那ちゃんにさっそく報告です。


オリーブ:Hey,Danna-chan. Do you know what do you say "Buta bara" in English?
(ねぇねぇ、旦那ちゃん。”豚バラ”って英語でなんて言うか知ってる??)

旦那ちゃん:I dont know.
(えー、知らない)

オリーブ:Po・・・・


肝心なところで、忘れてしまった私・・・。
さっきまで覚えていたのにぃ。
確か、ダンスの名前になってたな・・と思い出し、思わす”知ったかぶり”。


オリーブ:It's "pork hula"!!
(”ポーク・フラ”って言うのよー!)

旦那ちゃん:I'm not sure, but I don't think so,,,,,
(ボクも詳しくは知らないけど、、、それは違うと思うよ・・・)


おしいぃぃーー!
”腰を振って踊る”ところまでは合ってたのにぃ(><)
ちょっと悔しいオリーブだったのですが、それは置いておいて・・・


その英単語をもって、いざ Chainese Market へ。
しかし、ショウウィンドウの中には、「pork belly」といったお肉はありません。”豚バラ”っぽいお肉も3種類くらいあって、どれが一番「豚の角煮」に向いているお肉なのか、よく解らないのです。店員のオジサンに聞こうにも、「豚の角煮」なるお料理を知ってるとは思えないメキシコ人・・・。
これは困りました・・・・。

するとお店の壁に豚肉の図解が貼ってあったのを発見。
それによると、豚さんのお腹あたりは、「pork side(ポーク・サイド)」と呼ばれているようです。ショウウィンドウの中の「pork side」と書かれたお肉も確かにそれらしいカタチをしています。
よし、これだ!

私はそのお肉を始め1パウンド注文し、計りに乗せたとき量が少なかったので、もう1パウンド追加してもらい、計2パウンド購入しました。
やれば出来るじゃん!

無事お買い物を終え、お家でコトコト煮込んだ豚角さん。
とっても美味しかったです。^^

ただ。
お肉は、pork side では少し脂身が多すぎたようです。あまりにしつこいので、脂身を取って食べると、食べるところがほとんど無くなってしまいます・・・。
よーし。次回は、pork side の隣にあった、”stew meat(シチューミート)”というお肉で作ってみましょう。これもpork side の部位らしいのです。

こうやって、ひとつひとつ成長していくのですね。^^;
[PR]
by olivexolivejp | 2005-05-03 09:24 | サンフランの生活